読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらですぎ

山とビールを愛するメタボリックおやじの登山ブログです。最近D750というカメラを買いました。

福山雅治と稲葉浩志の格闘技マニアっぷりが凄い

エンタメ

HUMAN (初回限定盤)(MUSIC CLIP COLLECTION DVD付盤)

先日、B’zの稲葉浩志のオフィシャル・サイト「en-zine (エンジン)」の対談企画で、福山雅治がゲストに招かれ、その模様がYoutubeで公開された。

女性に大人気の二人が顔を合わせたにも関わらず、話の内容はアメリカの総合格闘技UFCの魅力について語り合うという、なかなかディープな動画になっている。

日本国内での総合格闘技ブームはPRIDEの終焉とともに終焉を迎えたが、アメリカの金網の中で闘うUFCはその後も人気が衰えず、現在に至るらしい。

何より驚いたのが、福山雅治や稲葉浩志が当時のプライドから現在のUFCまで熱心に観戦していて、かなりの格闘技マニアだということだった。僕自身が格闘技ファンだった頃の話題は理解できたが、現在進行形の話題にはまったくついていけなかった。

対談の中で挙った数名の知らない選手たちをYoutubeで検索して幾つか見ているうちに、総合格闘技を楽しんでいたころの気持ちがなんとなく蘇ってきた。

数人チェックした中で印象深かったのが、Jon JonesとRoy Nelsonのふたり。

Jon Jones(ジョン・ジョーンズ)

Jon Jonesはエルボーの打撃の打ち方がかなり洗練されているし、長い手足で繰り出す打撃が棒術のように見える。現在UFCのライトヘビー級王者も納得の戦闘力。

Roy Nelson(ロイ・ネルソン)

Roy Nelsonは一見デブキャラで弱そうに見えるのだが、ブラジリアン柔術の黒帯で、当たれば誰でも吹っ飛んでしまうパンチ力、そしてフルラウンド闘えるタフさが売りの選手。

最近ではPRIDEでもおなじみだったアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラをパンチでKOするなど勢いに乗っている。

福山雅治の後日談

 

久しぶりに格闘技を生観戦したくなってしまった。

いま国内の情勢はどうなっているのだろう?ちょっと情報収集してみようかな。

Ufc Best of 2013 [DVD] [Import]