読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらですぎ

山とビールを愛するメタボリックおやじの登山ブログです。最近D750というカメラを買いました。

僕の海外旅行の思い出

旅行

今週のお題「海外旅行」

Untitled

初めて海外に旅行に出かけたのは今から4年前くらい。

それまで職場に夏休みという概念があまりなく、なかなかまとまった休みが取れなかったんだけど、ある年から5日くらい休めるようになり、それならば行ったことのない場所へ旅してみようということでパスポートを取得し、旅の計画を立てた。

カンボジア

Untitled

初めての海外旅行の行き先はカンボジア一人旅。

飛行機のチケットを取り、日本語が通じる格安のゲストハウスを予約し、成田空港からカンボジアのシェムリアップへ旅立った。

季節は雨季ということもあってシェムリアップの町は絶賛洪水中だった。

トゥクトゥクのドライバーは洪水が慣れっこなのか、バイクのマフラーに専用のゴムホースを突っ込んでマフラーからの浸水を防いでいた。

洪水の光景もすごかったし、現地の人たちの生活力というか逞しさというか、目当ての遺跡群以外の部分でも色々と衝撃を受けた。 

初めての海外旅行はなかなか刺激的で思い出に残る旅だった。 

カンボジア旅行記

 

上海

Untitled

カンボジアの旅の翌年。

繁忙期を終えた後に連休をとり往復約2万円くらいで上海に行ってきた。春秋航空というLCCを利用して茨城から独り上海へ飛んだ。

上海の夜景が綺麗な外灘まで徒歩数分という好立地の格安ホテルを予約し、町歩きと蘇州の世界遺産の庭園をめぐる旅だった。

到着してすぐに「写真撮ってください」と近寄ってくる女性に遭遇し、ちょっと嬉しくなってしまったが、どの人もお茶屋に連れ込んで高額のお茶を売ろうとするキャッチセールスだということに途中で気がつき逃げた。

Untitled

翌日、筆談で頑張って電車のチケットを購入し、蘇州まで行ったものの「庭園に特に興味がなかった」ということに気付いたり、日本人がまったくいない蘇州麺の店に入って身振り手振りで注文して食べたり、バスの乗り方がわからず駅まで歩いて戻ったりと無茶苦茶な1日だった。

上海旅行記

 

タイ

Untitled

上海旅行と同じ年。少し遅めの夏休みを取りタイ一人旅。

仕事を終えた夜に成田へ向かい、タイへ到着したのは始発も出ていない早朝。予約したホテルにチェックインできる午後まで荷物を持ったまま水上バスに乗り、降りる場所を間違えたりしながら寺院巡りをした。

2日目以降は現地のオプショナルツアーに申し込み、アユタヤや泰緬鉄道や水上マーケットなど有名どころを色々と回った。

Untitled

タイの水上マーケトでは「にじいろジーン」のロケでぐっさんに遭遇。

Untitled

 泰緬鉄道のそばのお土産屋の店先には記念撮影ができる子供のヒョウがw

Untitled

鉄道もこんな感じでなかなかのスリル。

タイ旅行記

 

こんな感じで、僕が海外旅行に求めていたのは有無を言わせぬアウェー感だったり、日本では味わえない非日常だったんだけど、山にも同じような旅感が得られることを知ってしまい、2年前に富士山に登ってからは海外へは行っていない。

 

たまには違うワクワクを求めて海外へも目を向けてみようかな。