読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらですぎ

山とビールを愛するメタボリックおやじの登山ブログです。最近D750というカメラを買いました。

プロブロガー イケダハヤトさん、新ブログの記事全文をh3タグで囲う

インターネット

イケダハヤトさんは「まだ東京で消耗してるの?」以外にも絶賛放置中の「高知をまとめる」という第2のブログがあります。

そして今回新たに公開されたのが「四国温泉データベース」というブログ。

まだ記事数が少ないようで、これから温泉の情報を増やしていくつもりのようなのですが、ざっと拝見して幾つか気になる点がありました。

運転席からの写真撮影

写真は静止画ですから、これが停車中なのか走行中なのかはわかりませんが、脇に寄せずに運転席から写真を撮影しているのが少し気になります。

もし携帯電話のカメラであれば、運転中の操作ということで、ちょっとどうなの?という気もします。通話じゃないから大丈夫という見方もあるようですが。

記事全体をh3タグで囲っている

記事全体が太字だったので、もしかしてstrongタグで囲ってる?と思ってソースを見てみたら、なんとh3タグで本文をすべて囲っていました。

例えば上記リンクを開いて、何もないところで右クリックして「ページのソースを表示」でソースをチェックしてみてください。

f:id:haradesugi:20160227000850g:plain

記事全体の文字数は決して多くはないはずなのに、ソースは非常にゴチャゴチャしています。そして上の画像の文字はすべてひとつのh3タグで囲まれています。

hタグって見出しで使うと思っていたのですが、記事全体をh3で囲うって斬新だなあと思いました。こういうのも塾やnoteで教えているのでしょうか?

温泉の評価がよくわからない

右サイドバーにある評価の一番いい記事を見てみようと思ってクリックしたら、h3タグで囲まれた評価のみで写真や本文がありませんでした。

しかも高評価だと思ったら評価が高いのは食事だけで温泉は並とのこと・・・。

確かにリンク先の食事はかなり美味しそうですが、温泉の情報を提供するブログで、温泉はイマイチだけど食事がうまいから総合評価が一番っていうのはどうなんでしょうか。

イケダハヤトさんは本当にプロブロガーなのか?

今回の新ブログを見ていると、イケダハヤトさんが本当にプロのブロガーなのかが少し疑わしくなってきます。

先日行われた高知でのトークショーでは、実際に見に行った方のブログ記事で語彙が乏しいことが指摘されていました。

【不発】イケハヤのトークショーに行ってきた感想 - 泥沼

講演中にめっちゃ気になったのが

「おいしい!」と「ビックリ!」

この2つを多用しまくるの。ブロガーって語彙力大事じゃない? どういう風に美味しいのか言ってくれないと分かんないよ。俺もビックリだよ。

そして温泉ブログもまさにそんな感じなのです。

温泉のブログのはずなのに、さんざん車中から撮影した道路の写真が続き、肝心の温泉に入った感想が、

温泉客はぼくらの他には、2〜3名という感じ。1時間ほど入浴していたのですが、貸切状態になる時間帯も。平日はいいですな〜。泉質も湯温もいい感じで、長く浸かっていたい温泉です。

と非常にあっさり。

ちなみに上記の感想文もh3タグで囲われており、見出し扱いです。

ブログ塾をやったりnoteで有料記事を販売したりしている割に、今回の新ブログはなんだか少し残念な感じです。何がしたいんだろう?

「高知をまとめる」の二の舞になりそう

これは僕の勝手な予想ですが、高知をまとめるを途中で投げ出してしまったのは、思うようにアクセスが集まらなかったからだと思うんです。

で、今回の温泉ブログも前回の「高知をまとめる」とほとんど同じような作り方をしているので、途中で飽きて投げ出してしまうような気がしています。