読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらですぎ

山とビールを愛するメタボリックおやじの登山ブログです。

イケハヤ氏が東京で開催した「田舎シェアハウス大会議」に15名の参加者が集まる

インターネット

f:id:haradesugi:20170205205507j:plain

いつも東京をdisっているイケハヤ氏、そんなに嫌なら来なきゃいいのに「田舎シェアハウス大会議」というイベントを自分の会社で企画して、ブツクサ文句を言いながら一家総出で上京してきたようです。

個人的な失敗を東京の所為にするイケハヤ氏。 

田舎シェアハウス大会議の概要

こんにちは、イケダハヤトです。

田舎シェアハウス大会議、やります。

このキーワードにピンとくる方は、ぜひご参加ください。

全国から、なかなか会えない人たちが集まりますよ〜。

【ゲスト&登壇予定者】

・武田昌大(「Share Village」)
・山口拓也(千葉県金谷「まるも」)
・畠山千春(福岡県糸島市「糸島シェアハウス」)
・イケダハヤト(高知県本山町「絶対に死なないシェアハウス(仮)」)
・矢野大地(高知県本山町「だいちハウス」)
・林利生太(高知県大豊町「はやしハウス」)
・スミタヒロキ(「農村ジャック」)
etc... 

【概要】
日時:2017年2月5日 14:30〜18:00
スケジュール(予定)
14:30 開場
15:00 キーノート&トークセッション
16:45 ライトニングトーク
17:30 終了
18:00 懇親会スタート

場所:subLime 吉祥寺北町店
概要:田舎でシェアハウス。ここに日本の未来がある。
各地からプレーヤーが集まる、セミクローズドな楽しい会を企画しました。
懇親会:実費(3,000〜4,000円程度)

スポンサー募集中です!

(主催:合同会社 日本の田舎は資本主義のフロンティアだ)

田舎シェアハウス大会議 #1より引用(リンクは魚拓)

主催は「合同会社 日本の田舎は資本主義のフロンティアだ」というイケハヤ氏が税金対策のために設立し、矢野大地氏の自宅住所を所在地に登記した合同会社です。 

www.haradesugi.com

 

これまでイケハヤ氏は全国各地に「お呼ばれ」して講演を行ってきた、ある種お客様のような立ち位置で活動していましたが、今回は自社が企画したイベントです。

 

グダグダだったイベント企画から3年・・・今回は!?

3年前にイケハヤ氏と山本一郎氏と対談イベントの話が出た時は「ぼくが仕切る!」としゃしゃり出てきた割になかなか話がまとまらず、仕事の出来なさっぷりが話題になりましたが、あの頃のイケハヤ氏とは違うはずです。

lineblog.me

ところがイベントが行われる前日に、イケハヤ氏が意味深なツイートをしていました。

どういうことなんだろうとイベントの詳細を調べてみたところ、参加者が15名しか集まっていません。

f:id:haradesugi:20170205165039p:plain

たったの15人・・・。

ちなみにゲスト&登壇予定者は7名で、お店のキャパは80名です。

r.gnavi.co.jp

 

Twitterフォロワー数8万弱のイケハヤ氏の影響力もついにここまで落ちてしまったのか・・・と呆気にとられてしまいましたが、参加者の人数のところを見てみると、15/15となっていました。

開催概要のところには「セミクローズド」と書いてあるので、最初から少人数で行うように人数を制限していたようです。

もっとお客さんを集めれば赤字幅は減らせるのに何故セミクローズドなんでしょう?

 

謎の赤字イベント「田舎シェアハウス大会議」とは何だったのか?

開催後もこんなことを言っていますから、きっと何か魂胆があるのでしょう。

はるばる高知まで遊びに来たはあちゅうさんに、一人用のバーベキューコンロで肉以外の具材ばかり食わせる「どんなに稼いでも金銭感覚がブレないイケハヤ氏」が何も考えずに赤字確定のイベントを打つはずがありません。

でもこういう話は外野があれこれ言ったところで真実を知ることはできませんので、詮索するだけ時間の無駄です。

お金の話はこれくらいにしておいて、当日の様子を見てみましょう。

 

田舎シェアハウス大会議の様子

当日参加された方々のツイートをいくつか発見しました。

イベントの告知で「スポンサー募集中です!」と書いておいてスポンサーとして登壇するイケハヤ氏。

それにしても自分でイベントの開催地を東京にしておきながら客に向かって「東京に来て疲れている」って、それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?

 

なぜか会場に幼児がいて、世話をさせられる参加者。

この上から目線はもしや・・・。

 

写真の角度が悪いからかもしれませんが、総勢22名にはちょっと見えない雰囲気ですね・・・。

これで「大会議」というのはイケハヤ氏が自分のことを「アーティスト」と自称するくらいオカシイと思います。

 

田舎シェアハウス大会議の様子が高知新聞に取り上げられました

なんと今回のイベントが高知新聞に取り上げられ記事になっていました!

移住希望者らを対象にした「シェアハウス」を運営する人たちが2月5日、東京都内で「田舎シェアハウス大会議」を開いた。高知や秋田から移住者らが集まり、住人同士で協力して生活する暮らしぶりや地域での交流を報告した。

高知県長岡郡本山町で暮らしているブロガーのイケダハヤトさんが企画した。最近は地方でシェアハウスを移住体験として活用したり、定住までの準備ができる場として貸したりする取り組みがあり、関心を寄せる約30人が集まった。

田舎でシェアハウスを 高知県などへの移住者が東京で会議より引用

 

f:id:haradesugi:20170205181321j:plain

関心を寄せる約30人が集まった。

関心を寄せる約30人が集まった。

関心を寄せる約30人が集まった。

 

 

参加者:15人(関心を寄せる人)

登壇者:7人(運営)

嫁:1人(配偶者)

娘:2人(幼児)