読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらですぎ

山とビールを愛するメタボリックおやじの登山ブログです。最近D750というカメラを買いました。

タイムラプスのパワーアップ版「ハイパーラプス動画」が凄い

写真 エンタメ

一般的なタイムラプスは三脚でカメラを固定して、必要な枚数を撮影してそれを連続して再生するだけで完成する。

ところが中には撮影場所を微妙に少しずつ移動させて撮影するハイパーラプスという動画を作成しているツワモノがいる。

世間一般ではハイパーラプスといえばスマートフォンのアプリケーションのほうが有名だが、今回紹介するハイパーラプスはスマホアプリのものとは異なる。

細かいことはさておき、動画を見てもらったほうが話が早い。

Yokohama Hyperlapse 4K / 横浜 ハイパーラプス JAPAN

これは単なる早送り動画ではなく、写真を1枚1枚少しずつ位置をずらしながら撮影するという途方もない苦労を重ねて完成させているすごい作品なのである。

いったいどれくらいの時間をかけて作成したのか、またはどのような機材で撮影したのかをじっくり聞いてみたくなるほどの素晴らしいクオリティーになっている。

この方は、横浜版以外にも福島版も作成していて、そちらもまた凄い動画になっている。

Fukushima Hyperlapse 4K / 福島 ハイパーラプス - Japan

 

こういう凄い動画を見ると、自分もやってみたいなあと思ってしまうが、1秒当たり25〜30枚くらいの写真を撮影場所を少しずつ移動させながら、動画として成立するように撮影していかなければならないことを考えるとなかなか手が出せない。

1カット8秒で1秒当たり30コマだと想定すると、それだけで240枚もの写真を少しずつ移動しながら撮影しなければならない。これはちょっと気が遠くなる作業だ。

 

いつか山で試してみたいが、たぶん仕事を辞めて山籠りでもしないかぎり難しいと思う。

 

ハイパーラプスの撮影方法については以下の動画が参考になる。

英語の動画だから何を言っている変わらないが、見ていればどのような方法でハイパーラプスが完成するか、また上に貼り付けた動画がいかにクオリティーが高いかがわかると思う。

 

海外にはたくみな編集技術により、奥行きや深みを加えた高度なハイパーラプスが公開されている。