はらですぎ

山とビールを愛するメタボリックおやじの登山ブログです。

夏の登山用ウェア「アークテリクス レミージ フーディ | Arc'teryx Remige Hoody」を購入しました

f:id:haradesugi:20200401182344j:plain

前回の記事の続きになりますが、夏山登山用のウェアを購入しました。

1枚目はパタゴニアの「Cap Cool Daily Hoody」で、今回紹介するのはアークテリクスのレミージフーディです。 

人生初アークテリクス。

続きを読む

夏の登山用にパタゴニアのM's Cap Cool Daily Hoodyを購入しました

f:id:haradesugi:20200331094256j:plain

ここ数年、夏の登山では長袖のドライレイヤーの上に薄手の長袖を着るようにしています。

登山を始めた頃は半袖のドライレイヤーに半袖のTシャツというスタイルでしたが、露出した両腕に日焼け止めを塗るのが面倒になり、今のスタイルになりました。

男は黙って紫外線ノーガード!という時期もありましたが、日焼けの後処理やシミなど色々と大変なので、日差しの強い夏山登山の時は肌をいたわるようにしています。

そんなわけで、ここ最近はファイントラックのドラウトゼファーを愛用していたのですが、デザインがあか抜けないのと、筋トレ&メタボでMサイズだと体のラインが丸わかりで恥ずかしくなってきたので新しいウェアを購入することに決めました。

続きを読む

登山動画の撮影用に購入した「GoPro HERO8 Black」をしばらく使い続けて感じたことなど

f:id:haradesugi:20191018003305j:plain

GoPro HERO8 Blackを購入して4ヵ月が経ちました。

www.haradesugi.com

今回は僕がこれまでGoPro HERO8 Blackを登山で使ってきた感想と、普段どのように使っているかを書いてみたいと思います。

続きを読む

蛭ヶ岳で迎えた最高の朝!丹沢山と塔ノ岳のピークを経て大倉に下山:丹沢縦走2日目

f:id:haradesugi:20200225191631j:plain

前回の続きです。

www.haradesugi.com

蛭ヶ岳山荘の夜はまあまあ冷え込みました。

夜中に1度トイレに行きましたが、布団から出ると体温がスーッと奪われていきます。

慣れない山小屋泊でしたが、テントで寝るよりも多少眠れたような気がします。何度か目を覚ましつつ時間が過ぎていき、朝5時くらいから布団を片付けて出発の準備を始めました。

身支度を整えて1階に下りるとちょうど朝食の提供が始まったところで、美味しそうな匂いが広がっていました。

僕は素泊まりなので匂いだけ頂いて外に出ます。

続きを読む

西丹沢から檜洞丸と蛭ヶ岳に登って蛭ヶ岳山荘に小屋泊しました:丹沢縦走1日目

f:id:haradesugi:20200224162854j:plain

天皇誕生日とその振替休日の2日間を使って西丹沢から大倉へ抜ける縦走路を歩いてきました。

当初は八ヶ岳周辺の山にテント泊で登るつもりでいたのですが、風が強そうだったのと登山道のコンディションが悪そうだったので、予約していた電車の切符をキャンセルしました。

このまま家でゴロゴロしているのも面白くないなと思い、以前から気になっていた丹沢最高峰の蛭ヶ岳に登ってみることにしました。

蛭ヶ岳は頑張れば日帰りもできるようですが、せっかくの2連休なので、西丹沢ビジターセンターから檜洞丸を経て蛭ヶ岳に登り、蛭ヶ岳山荘に1泊して翌日大倉に下山する計画を立てました。

蛭ヶ岳山荘に電話をして素泊まりの予約を入れ宿の確保は無事に完了。 

過去に台風の影響で北アルプスの三俣山荘と双六岳にやむを得ず小屋泊しましたが、山小屋利用ありきで計画を立てるのは今回が初めてです。

続きを読む

Locus Gearのフロアレスシェルター「Khufu Tyvek(クフタイベック)」を使ってみた感想

f:id:haradesugi:20200103225800j:plain

登山を始めた頃からずっと気になっていたローカスギアのクフタイベックを少し前に購入しました。

年明けの七ツ石小屋、2月中旬の黒百合ヒュッテにそれぞれ設営して1泊したので、簡単にレビューしてみたいと思います。

続きを読む

厳冬期の天狗岳登山に持って行った登山道具・ウェア類など

f:id:haradesugi:20200212175703j:plain

Twitterのフォロワーの方から先日登った天狗岳登山の装備リストが見たいとのコメントを頂いたので、思い出せる範囲で持っていったものをリストアップしてみたいと思います。

アフィリンク多めの記事なので、こういうのが嫌いな方はそっ閉じ推奨です。

www.haradesugi.com

続きを読む