はらですぎ

山とビールを愛するメタボリックおやじの登山ブログです。

iPhone用に完全ワイヤレス型のBluetoothイヤホン「soundcore Liberty Lite」を購入しました。

f:id:haradesugi:20180930211545j:plain

iPhone用のイヤホン(有線)がそろそろダメになりそうなので、前から興味のあったBluetoothの完全ワイヤレス型のイヤホンを購入してみました。

Soundcoreは、AnkerとZoloで培ったノウハウやバッテリー技術を受け継ぎながら、最先端のオーディオテクノロジーを駆使し、こだわりの音の体験を手の届きやすい価格で提供するオーディオブランドです。

・・・ということで安くて良い製品がラインナップされていて人気のAnkerのオーディオブランドから発売されているsoundcore Liberty Liteは約6千円という安価なイヤホンで、それほど音にこだわらない僕にはピッタリの製品かなと思って試しに購入してみました。

Soundcore Liberty Lite

f:id:haradesugi:20180930211643j:plain

箱を開けるとこんな感じ。

f:id:haradesugi:20180930211652j:plain

中にはUSBケーブルとイヤホンに付けるゴムの予備部品?が入っていました。

f:id:haradesugi:20180930211703j:plain
f:id:haradesugi:20180930211716j:plain

ケースには左右のイヤホンが入っています。

完全ワイヤレスでそれぞれ個別に動作するため有線のイヤホンと比べるとサイズはやや大きめです。

f:id:haradesugi:20180930211728j:plain

イヤホンを取り出したあとのケースはこのようになっています。

金色の突起部分はイヤホンを充電するためのもの。

f:id:haradesugi:20180930211803j:plain

イヤホンについているシールを剥がすことで、ケースに戻した際に自動的に電源がオフになりケース内で充電が始まります。

逆にケースから取り出すと自動的に電源が入ってiPhoneに接続されます。

便利!

f:id:haradesugi:20180930211847j:plain
f:id:haradesugi:20180930211857j:plain

専用のケースはPCやモバイルバッテリーなどに繋げて充電できるようになっています。

イヤホンの主な用途

f:id:haradesugi:20180930211703j:plain

僕は毎日職場まで徒歩通勤していまして、その行き帰りの際に音楽を聴くのが主な用途になります。あとは時々電車で外出する際に使うくらいですね。

完全ワイヤレス型を選んだ理由は、今後イヤホンジャックのないスマートフォンに買い替えることになった時に、より良い製品が選べるようにそろそろ試してみたいなあと思っていたのと、これまで使っていた有線型のイヤホンのケーブルが毎回絡まって取り扱いが面倒だったからです。

実際に使ってみて

Bluetoothのイヤホンは、ジョギング用に3千円弱の安い左右のイヤホンがケーブルで繋がった製品を持っていますが、ジョギング時だと音飛びが酷くてすぐに使わなくなってしまいました。

そんな経緯もあってBluetoothのイヤホンにはあまり良い印象を持っていなかったのですが、本製品をジョギング時に使ってみたところ、これまであったような音飛びは殆どありませんでした。(通勤の移動中や電車での移動中に1,2回程度音飛び(もしくは遅延)のような現象は発生しました。)

装着感は問題なし

完全ワイヤレスのイヤホンで心配になるのが「うっかり外れて落としてしまわないかどうか」という点が挙げられると思います。

今回この製品を選ぶ前に、AppleのAirPodsも検討しましたが、僕はiPhoneに付属しているイヤホンがまったく耳に合わなくて、耳に入れてもすぐに外れてしまうので、似たような形状をしているAirPodsは選考から外れました。

カナル型で耳に入れる箇所にゴムが付いたタイプはどれも問題なく使えていたので、これも恐らく大丈夫だろうと思って購入しましたが、予想通り問題ありませんでした。

通勤、電車移動、ジョギング等で使いましたが外れて落ちる気配すらありません。

音質は僕には十分でした

以前使っていた有線のイヤホンはオーディオテクニカの1万円くらいしたイヤホンで、とても気に入って使っていましたが、それと比較してもそれほど違いは感じられませんでした。

僕の耳が繊細な音を聴き分けられないだけかもしれませんが。

数万円するような最上級のイヤホンを使ったことがないからかもしれませんが、そこまで音には拘っていないので僕にはこれで十分だと思いました。

コードがないイヤホンの快適さを初めて知った

一番良かったのがコードレスになったことです。

これまではiPhoneのイヤホンジャックから伸びたイヤホンをクリップでスーツの襟などに留めて使っていました。襟やポケットのある服の時はそれほど気にはならなかったのですが、Tシャツを着て出かける時などはクリップを取り付ける場所に難儀しました。

またイヤホンを取り外したあとの収納や、カバンからイヤホンを出した際のコードのからまりなどのストレスから解放されたのも良かったです。

イヤホンに取り付けられたボタンが押しづらい・・・

ちょっと気になったのがイヤホンの操作性についてです。

完全ワイヤレスなので曲の一時停止や曲送り、戻しなどはボタン状になったイヤホンのサイドを押し込むのですが、装着した状態のままイヤホンを押し込むとイヤホンが耳の奥にぐっと食い込んできて非常に不快なんです。

f:id:haradesugi:20180930211716j:plain

soundcoreと書かれた部分がボタンになっています

一時停止は1回押す、曲送りは右のイヤホンを1秒以上押す、曲戻しは左のイヤホンを1秒以上押す・・・みたいな感じで一時停止くらいならあまり気になりませんが、次の曲を聴きたいなと思って1秒イヤホンを押し込むのは結構不快です。

なので僕は耳の奥に食い込まないように親指と中指でイヤホンをつまんだ状態で、人差し指でイヤホンを押すようにしています。

個人的には操作系のボタンは小さくてもいいのでイヤホンのガワに付いていれば良かったのになあと・・・。

まとめ:低価格帯イヤホンとしては満足のいく水準

取り出してすぐ使える、音はまずまず、ケースにしまえばすぐに電源オフ&充電開始。約6千円でこの機能性と音質であれば僕には十分です。

ボタン操作の部分に若干の不満点はありますが、それをふまえても非常に満足のいく製品だと思います。

まだこのタイプのイヤホンを使ったことがない方にはお試しに購入するには手ごろな値段なのではないかと思います。

・・・とはいえ音の好みは人それぞれなので、イヤホンの音質にこだわりのかる方は家電量販店などで視聴してみてから決めたほうがいいと思います。