読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらですぎ

山とビールを愛するメタボリックおやじの登山ブログです。

江ノ電1日乗車券を買って撮影スポットを巡る撮り鉄の旅へ

f:id:haradesugi:20170415233938j:plain

天気の良い週末。

遠出するのは面倒だし、桜もピークを過ぎてしまった。

紫陽花もまだ先だしさてどうしよう。

・・・と考えた結果、これまでまともに乗ったことがない江ノ電に乗って移動しつつ、江ノ電の撮影に挑戦してみることにしました。

藤沢駅で「のりおりくん」を買って江ノ電に乗車

まずは自宅の最寄り駅からJR藤沢駅まで移動し、江ノ電の切符売り場で江ノ電1日乗車券「のりおりくん」を購入します。

のりおりくんは1日乗車券なので、今回のような江ノ電を撮影する際には購入しておいた方が良さそうです。

購入したのりおりくんを自動改札機に通して藤沢駅から江ノ電に乗車します。

 

江ノ島駅の撮影スポットへ

f:id:haradesugi:20170415233854j:plain

江ノ島駅から少し歩いたところにある撮影スポットではこのような写真を撮ることができます。

前方から走ってくる江ノ電の前に立ちはだかって撮影しているように見えますが、写真に写っていない箇所に秘密があります。

f:id:haradesugi:20170415233855j:plain

カーブに入る前の車体をズームレンズで狙うことで真正面から撮影することができます。 

f:id:haradesugi:20170415233856j:plain

f:id:haradesugi:20170415233901j:plain

地図を見てもらうと分かると思いますが、江ノ島駅から路面区間に入る部分で大きくカーブしているので、江ノ電の車体を色んな角度から撮影することができます。

f:id:haradesugi:20170415233852j:plain

f:id:haradesugi:20170415233857j:plain

こちらは壁に車体がめり込んでいるように見えますが、実際にめり込んでいます。

古い車体を利用した店舗(江ノ電もなかの「扇屋」)です。

 

腰越駅の撮影スポットへ

f:id:haradesugi:20170415233902j:plain

f:id:haradesugi:20170415233903j:plain

f:id:haradesugi:20170415233904j:plain

f:id:haradesugi:20170415233905j:plain

上の写真の左下にあるオレンジ色の歩道から駅のホームを狙うことができます。

f:id:haradesugi:20170415233908j:plain

こちらは駅のホームから。

ホームの先に見える「この先車両行止り」の看板が腰越駅の撮影ポイントです。

非常に狭いスペースなので撮影の際は周囲の迷惑にならないように気をつける必要があります。

 

スラムダンクで有名な鎌倉高校前駅の撮影スポットへ

f:id:haradesugi:20170415233916j:plain

駅のホームから撮った江の島。

海を見れば分かると思いますが、この日はとても風の強い日でした。

f:id:haradesugi:20170415233912j:plain

鎌倉高校前駅といえばスラムダンクで有名になったここ。

この構図で通過する江ノ電を撮影したかったのですが、

f:id:haradesugi:20170415233914j:plain

このような写真になってしまいました。

なぜかと言うと・・・。

f:id:haradesugi:20170415233915j:plain

上の写真のように、左側の車線に踏切待ちの自動車が並ぶからです。

ここは車の往来がそれなりにあるので、平日でないと理想の構図での写真は難しいかもしれません。。

江ノ電は日中であれば、それなりの本数が走っているので、タイミングさえ合えば何とかなりそうでしたが、そこまでして撮りたい構図ではなかったので途中で諦めました。

 

極楽寺駅の撮影スポットへ

f:id:haradesugi:20170415233918j:plain

極楽寺駅を出たすぐのところにある極楽洞は、極楽寺駅と長谷駅との間にある全長200メートルのトンネルの坑門です。

橋の上からだとあまり良い構図で撮れないと思い、あれこれ探して見たものの、満足のいく場所を見つけることができませんでした。

 

長谷駅から少し歩いた御霊神社の撮影スポットへ

f:id:haradesugi:20170415233922j:plain

f:id:haradesugi:20170415233923j:plain

f:id:haradesugi:20170415233930j:plain

長谷駅から少し歩いたところにある御霊神社では、このような写真に加えて極楽寺駅で撮影したトンネルに入っていくところを撮影することができます。

今回は残念ながら失敗カットしかなく記事には載せることができませんでした。

トンネル方面の線路脇には紫陽花が花を咲かせるので、紫陽花の季節には江ノ電と紫陽花の花を一緒に撮影することができます。

 

和田塚駅の目の前にある甘味処「無心庵」の立地が凄い

f:id:haradesugi:20170415233940j:plain

和田塚駅の駅前には無心庵という甘味処がありまして、このお店の立地がなかなか凄いことになっています。

f:id:haradesugi:20170415233934j:plain

このように目の前に線路がありまして、

f:id:haradesugi:20170415233935j:plain

目と鼻の先に駅のホームがあります。

f:id:haradesugi:20170415233937j:plain

これほど駅近のお店を見るのは初めてかもしれません。

f:id:haradesugi:20170415233938j:plain

ホームの右端から階段で降りると、こちら側に渡る通路があります。

ただ踏切はないので、電車の往来には注意が必要です。

 

 

・・・というわけで初めての江ノ電撮影の旅でしたが、なかなか楽しかったです。

今回は有名どころをサクッと撮って回っただけですが、探せばまだまだ色んな撮影ポイントがありそうです。